阪神・淡路大地震10周年記念事業

    JEARN(ジェイアーン)
         阪神・淡路大震災10周年記念事業

防災世界子ども会議2005

大震災の教訓を未来へ 命の尊さを考えよう!

 

    TOPページ   > 防災世界子ども会議2005の総括

   

宣言発表会での総評

 ここ、県立淡路夢舞台淡路国際会議場での「防災世界子ども会議2005inひょうご」に参加できることを嬉しく思います。

 私は1月18日の会議にも参加しました。そこでは、イラン、バムとアルメニア、エレバンの生徒のテレビ会議が行われました。今、アルゼンチン、アルメニア、セネガル、スロバキア、ロシア、インドネシア、イラン、ネパールなど日本だけでなく、多くの国の生徒が参加しています。 

この国際会議には3つの重要な役目がありました。

京都大学大学院 地球環境学堂 助教授
ラジブ・ショウ博士

 1.生徒同士が直接交流できるので、文化交流が促進できた

 2.友好関係とネットワークが拡張され、将来のプロジェクトのベースとなった

 3.学習のためでなく、防災の基盤を提供した 

予防防災(被害抑止、被害軽減)は、防災文化の一部であるべきであるとしばしば言われます。効果的な国際交流をするために、文化交流は重要な役割を果たします。そしてNDYSは正確にこれに焦点を当てています。他の問題としては、予防防災は、楽しみ、喜び、娯楽、ゲームとともに取り組まれるべきであるということが挙げられます。取り組みは、日常生活において繰り返し行われるべきであり、これが安全文化の形成につながります。 

会議の中心は、子どもであり、子どもたちは、積極的に異なるプロジェクト、活動に参加し、異なる新しいアイデア、新機軸、方向性を出してきました。全員参加は、生徒の物事の考え方には非常に重要なものであり、子どもたちは、防災の問題をみるだけでなく、解決方法、原因を見つけようとします。このように、防災教育の4つの段階(聞く、見る、話す、行動する)の中で、NDYSは、生徒が予防防災活動としての対策をする、“行動する”というところを重視しました。 

NDYSに参加して、すべての生徒が防災の専門家になるわけではありません。しかし、学生時に災害のリスクを知り、災害に関する問題を解決することは、防災意識を喚起し、学生が個人レベルで行動を起こすことにつながります。そして、これがすべてのプロセスの中で最も大きな成果となるでしょう。 

 最後に、教師とJEARNを初めとする主催者の大きな熱意により、NDYS 2005が活発なものとなり、今後、長期間にわたり持続したものになるでしょう。私はその熱意と行動はすばらしいものであり、将来の活動を楽しみにしています。

 

2005/03/28 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場にて

 

                                 防災世界子ども会議実行委員会

                                         

1.

世界の災害、防災教育の現状を子どもたちが共有することにより、防災意識が高まった   

復興への思いをこめたインドネシア、アチェの子どもたちの発表などにより、災害前に対策を施す(予防防災)という意識が欠如しているのが現実であり、これが大きな防災の問題であることがわかった。防災教育を通して予防防災促進のためのネットワークを構築する目的が明確になった。

またプロジェクト開始後、子どもたちは、自主的に情報を集めるようになり、クラスメートや家族に災害について教えるなど、災害を自分のこととしてとらえ、災害に対する意識が大きく変化した。

2. 防災教育ネットワークの基礎を構築できた

ヶ月という長期にわたり、インターネットなどのICTを活用したコラボレーションを通して、生徒のみならず、世界の先生方とも、防災教育のネットワークと呼べる基礎を構築できた。海外への参加校のテレビ会議などのICT支援を通して、情報通信ネットワークのシステムの構築に成功し、世界の先生方との協力体制ができた。                                                                                                                            NDYSプロジェクトでは、「防災世界子ども会議2005inひょうご」を、出発点として、継続して、生まれたばかりの防災教育ネットワークを充実・拡大させて、世界に情報を発信し、子どもたちの手による「より安全、安心な世界作り」に向けた取り組みを行っていく。

3. 地球市民としての意識を、子どもたちがもつようになった

   プロジェクトを通して、世界の国々の習慣や伝統を知ることができ、たくさんの友達ができた。このような異文化交流学習を通して、子どもたちは深い絆で結ばれ、地球市民の一員であるという意識をもつようになるなど、新しい世界観を持つようになった。

4. 子どもたちのコミュニケーション能力、コラボレーション能力が向上した

   国際会議での出会い、テレビ会議やフォーラムでのディスカッションを通して、多くの情報と経験を得て、子どもたちのコミュニケーション能力、コラボレーション能力が飛躍的に向上した。

5. コミュニティに対する行動に変化がおきた

  子どもたちは、コミュニティへの意識を高め、リーダーになり、コミュニティに対して災害対策を教えようと思うようになった。

 

                           2005年6月1日 国際会議報告書より抜粋

 

   back

All contents copyright © NDYS office all rights reserved.