コミュニケーションが命を救う!

私たちにできること

 TOP
 NDYS  私たちにできること
  NDYS 子ども防災大使の活躍
  連絡先

 

  子ども防災大使の活躍
 

私たちは、NDYS子ども防災大使です!

 

 

子ども防災大使の誕生
2005年8月7日 カリブ海のトリニダード・トバゴから一通のメールが届きました。

 

Natural Disasters

Abeさんの運営するサイト

 

2005年7月開催のアイアーンセネガル大会に参加して、『防災世界子ども会議』を知ったAbe(エイブ)さんから、

NDYS大使になれないですか?と、

彼の先生を通して事務局にメールが届きました。

トリニダード・トバゴでは、昨年からハリケーンが発生し、彼は、防災の大切さを伝えるために、ネット上に、「Natural Disasters」ホームページを公開し、国連や各国の災害対策本部などにリンクし、「防災について学ぶ場」を運営しています。

こうして、NDYS子ども防災大使が誕生しました。

 防災世界子ども会議では、子どもたちは、『NDYS子ども防災大使』、そしてサブプログラムに登場するくまのぬいぐるみは小さな防災大使として、連携・協力して、防災の輪を世界中に広げていくことになりました。

 

●NDYS子ども防災大使の活躍

日本の防災子ども大使

名古屋市立柳小学校の善道兄弟は、IDRC Davos 2008で発表しました

2008年9月23日

 

日本、アルゼンチンの防災子ども大使

NDYSで育った世界のユースグループがボランティアで編集を担当し、NDYSニュースレター創刊号を発行・公開しました。

2008年1月17日

 

 

 

トリニダード・トバゴの防災子ども大使

気候変動に関するバリ会議(COP13)で、来年開催予定の「防災世界子ども会議2008inトリニダード・トバゴ」の子ども代表が、ユニセフより「気候変動と災害」についてインタビューをうけ、そのビデオメッセージが紹介されました。

2007年12月17日

日本の子ども防災大使

神戸市立葺合高等学校の3年生他が、会議の度に心強いメッセージをいただいているサルバノ・ブリセーニョ 氏に感謝の気持ちを伝えました。

2007年10月14日 

台湾の子ども防災大使

「防災世界子ども会議2007inあいち」に、台湾から可愛いNDYS防災子ども大使(幼稚園児3名)が会議に参加しました。この防災子ども大使から見た会議の記録ビデオ(英語版)です。

ビデオは、こちらよりご覧ください。

2007年6月

 



 

日本の子ども防災大使

8月27日から9月1日まで、スイス・ダボスで開催のユネスコ主催IDRC(国際防災会議)に、名古屋市立柳小学校の生徒2名が「災害安全マップ」つくりを通しての防災学習の成果を発表しました。

2006年8月

日本の子ども防災大使

名古屋市立柳小学校生徒2名パリユネスコ本部を訪問しました。

2006年7月7日 

トリニダード・トバゴの防災子ども大使

アブラハム君はリニダード ・トバゴ総理大臣を表敬訪問しました。

2006年4月5日 

日本とトリニダード・トバゴの防災子ども大使

アブラハム君と名古屋市立柳小学校6年の2名は、霞ヶ関にある内閣府防災特命大臣、沓掛国務大臣の大臣室を表敬訪問しました。

2006年1月13日

トリニダード・トバゴの防災子ども大使

「防災世界子ども会議2006 in 台湾」に参加した、トリニダード トバゴ代表アブラハム君が兵庫県表敬訪問しました。

2006年1月12日

トリニダード・トバゴの防災子ども大使

アブラハム君が神戸市立葺合亜高等学校を訪問しました。

2006年1月12日

トリニダード・トバゴの防災子ども大使

アブラハム君が名古屋市立柳小学校訪問しました。

2006年1月10-12日

ページの上部へ戻る

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト