阪神・淡路大地震10周年記念事業

    JEARN(ジェイアーン)
         阪神・淡路大震災10周年記念事業

防災世界子ども会議2005

 
   ホームページの先頭へ   
 
   阪神・淡路大震災10周年記念事業

防災世界子ども会議2005 in ひょうご」 国際会議

Natural Disaster Youth Summit 2005 in Hyogo  

- 大震災の教訓を未来へ 命の尊さを考えよう!-

 

開催日: 2005年3月25日(金)~ 3月28日(月)

報告 

 

<<前のページ | 次のページ>>

趣旨

「防災世界子ども会議2005」プロジェクトのまとめとして、20053月、世界11カ国・地域から子ども達の代表を迎え、日本の子ども達ともに、「防災世界子ども会議2005 in ひょうご」国際会議をもち、最終日、宣言文を採択し、世界へ発信する。  参画と協働、共生をテーマに「元気ひょうご」をめざして、阪神・淡路大震災10周年記念事業として、ひょうごの子どもたちが、阪神・淡路大震災10周年への思いを形にする。

概要

大会名称:  防災世界子ども会議2005 in ひょうご

テ ー マ:   大震災の教訓を未来へ 命の尊さを考えよう!

期  間:   2005年3月25日(金)~ 3月28日(月)

■ 日程・会場
開催期間 2005325日(金)~328日(月)

国営明石海峡公園 神戸地区
UPP
2005国際キャンプ

JICA兵庫国際センター NDYSフォーラム2005
 

兵庫県立淡路夢舞台国際会議場
メインホール
 NDYS2005宣言発表会
会場 2005325日・26日 
国営明石海峡公園 神戸地区

3月26日
コープこうべ生活文化センター、神戸


3月27日    
JICA兵庫国際センター、神戸

328日    
兵庫県立淡路夢舞台国際会議場、淡路島

E-mail 20050117@jearn.jp
場所 国営明石海峡公園 神戸地区

コープこうべ生活文化センター

JICA兵庫国際センター

兵庫県立淡路夢舞台国際会議場

宿泊地

神戸市しあわせの村
〒651-1002 神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1

  主  催

 

JEARN防災世界子ども会議2005実行委員会

共 催:

兵庫県、神戸市、財団法人兵庫県国際交流協会、国土交通省近畿地方整備局
非営利任意団体ユニセフパークプロジェクトファシリテーターグループ
独立行政法人国際協力機構兵庫国際センター(JICA兵庫)、
財団法人公園緑地管理財団
特定非営利活動法人グローバルプロジェクト推進機構(JEARN)
International Education and Resource Network(iEARN)
後 援: 内閣府、外務省、文部科学省、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会

明石市教育委員会、淡路町教育委員会、東浦町教育委員会

ひょうごe‐スクールコンソーシアム、(財)阪神・淡路大震災記念協会
兵庫県こころのケアセンター、国際連合教育科学文化機構(ユネスコ)本部
兵庫県私立中学校高等学校連合会、兵庫県外国人学校協議会
京都大学 学院地球環境学堂 国際環境防災マネイジメント
(特活)はりまスマートスクールプロジェクト
兵庫ニューメディア推進協議会、(社)日本教育工学振興会(JAPET)
(財)コンピュータ教育開発センター(CEC)
協賛団体: 神戸須磨ライオンズクラブ、国際教育センター、コミュニカ学院、
宝塚中ロータリークラブ
協賛企業: アクティインターナショナル(有)、(株)ECC、インフォミーム(株)
江崎グリコ(株)、NTTコミュニケーションズ(株)、NTT西日本(株)
王子製紙(株)、大阪ガス(株)、加藤産業(株)、川崎重工業(株)
株)教育芸術社、公文教育研究会、(株)神戸デジタル・ラボ
(株)国際サービス・エージェンシー、サイレックス・テクノロジー(株)
サクラインターナショナル(株)、サントリー(株)、三洋電機(株)
(株)GCコーポレーション、シャープ(株)、(株)鈴木楽器製作所
スズキ教育ソフト(株)、住友ゴム工業(株)、武田薬品工業(株)

(株)竹中工務店、(株)兵衛、富士通(株)

(株)プランナーズインターナショナル、松下電器産業(株)、(株)リコー

 

 

 

 

  プログラム(タイムスケジュール)
1日目  3月25日(金)  

7:30    

国内参加者 神戸三宮 集合
 JR 三宮駅

8:30    

国内参加者 しあわせの村 集合
 神戸市 しわせの村

 

9:00    

「防災世界子ども会議2005inひょうご」オープニングイベント

ユニセフパークプロジェクト(UPP)との共同企画

ユニセフパークプロジェクト2005国際キャンプ  

~自然からの癒し、学び~  

参加者 全体会

10:00    

里山にあいさつ
~里山を知り、仲良くなる~
明石海峡公園 神戸地区  

12:00    

昼食・休憩   *あいなの食材を検討

14:00    

遊び場をつくる 
テーマ:あったかい場所
 *あいなの炭・わらのベイルを検討

16:00    

移動  

17:00    

風呂・夕食 神戸市 しあわせの村

19:00    

開会式(オリエンテーション)
・挨拶

    防災世界子ども会議2005実行委員長  岡本 和子

  国営明石海峡公園事務所長  松本 勝正氏

  (財)日本ユニセフ協会専務理事  東郷 良尚氏

  ユニセフ本部  ケン・マスカル氏

・仲間づくりのアクティビティ
・キャンドルチャット

22:00   

就寝

 

2日目  3月26日(土)  

 7:00  

起床・朝のつどい
 神戸市 しあわせの村

 8:00  

朝食

 9:00 

移動
明石海峡公園 神戸地区  

10:00    

遊び場をつくる (前日に引き続き)

12:00    

昼食・休憩  *あいなの食材を検討

13:00    

遊び場で遊ぶ  発表のためのビデオ撮影

15:00 

移動
 

16:00  

第3回 ユニセフのつどい 
・16:00-17:30 交流会
「防災世界子ども会議inひょうご」に参加の世界11カ国の子ども達と交流しませんか
・17:30-18:30 バイキング形式の軽食 
みんなでワイワイ おしゃべりがごちそう
・18:30-19:25

来賓の挨拶

 兵庫県知事 井戸 敏三氏

 神戸市長 矢田 立郎氏

 (財)日本ユニセフ協会専務理事  東郷 良尚氏

   ユニセフ本部 ケン・マスカル氏

 ユニセフ大使 アグネス・チャン氏  (ビデオレター)

UPP国際キャンプでの子どもたちの遊び場つくりの発表
 コープこうべ生活文化センター 神戸

19:30 

移動  

20:30

風呂・休憩

振り返り

神戸市 しわせの村

22:00

就寝

 

3日目  3月27日(日)   

7:00 

起床・朝のつどい
  神戸市 しあわせの村

8:00 

朝食

9:00 

移動
 

10:00  

人と防災未来センター 見学     *通訳がつきます。

阪神・淡路大震災の経験と教訓を後世に継承し、国内外の災害による被害の軽減に貢献する施設を見学します。

 人と未来防災センター 神戸

12:00

昼食
 JICA兵庫国際センター 神戸

 

13:00

 

NDYSフォーラム2005         *通訳がつきます。

【一部】 JICA セミナー

・スマトラ沖地震概要

派遣隊員の体験談

長谷川 みさ氏 (調整員

小倉 健一郎氏 (医師 )

川崎 章子氏 (看護士

【二部】  NDYS フォーラム         ユース実行委員会企画

・オープニング挨拶

 来賓挨拶

 NDYS顧問 兵庫県教育長 武田 政義

(代読 兵庫県教育委員会 企画調整担当課長 滝波 泰氏

・コメンテーター

ユニセフ本部:ケン・マスカル氏

○グループディスカッション・プレゼンテーション・宣言文作り

 

16:40

移動
 

17:00

更衣、休憩

  神戸市 しあわせの村

17:30

夕食

18:30

NDYS パーティ       ユース実行委員会企画

・交流会

パフォーマンス

・チャリティーバザー

・歌“ねがい”                      

21:00

風呂・休憩

振り返り

22:00

就寝 

 

 

最終日  3月28日(月)    

7:00 

起床・朝の集い  

兵庫県立淡路夢舞台国際会議場 

メインホール

・祝電関係披露は回廊で

 
8:00 朝食
9:00 移動
10:30 発表準備  リハーサル・ポスターセッション
12:00 昼食
13:00 

オープニングセレモニー

・和太鼓世界交流

・「防災世界子ども会議2005inひょうごに参加しよう」
 
コモンビート ミュージカル

13:30  

「防災世界子ども会議2005inひょうご」宣言発表会
「開会宣言」
・来賓代表挨拶

兵庫県副知事  斉藤 富雄氏

NDYS顧問  兵庫県教育長 武田 政義氏 (ビデオレター)

アイアーン台湾代表 Chen Shan-zen

13:39
「防災世界子ども会議」プロジェクトの紹介
13:47
ポスターセッション 見どころ聞きどころ   

14:15

ポスターセッション
回廊

・PC使って発表する学校は、メインホール  

15:20

ユニセフパークプロジェクトの発表

あったかい場所」の発表   

 

 

 

メインホール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終了 17:00
移動・解散 17:30

15:24

小さな防災大使世界の旅プログラムの発表

15:34

防災教育(こころのケア)を通したICT国際交流の発表

(テレビ会議)

15:44

休憩(5分)

15:49

プロジェクト代表校の発表

16:13

「宣言文」発表 

16:26

総評
京都大学 大学院地球環境学堂 助教授
ラジブ・ショウ(Dr. Rajib Shaw)氏

16:36

主催者挨拶
実行委員会委員長  岡本 和子

16:39

クロージングセレモニー

歌 「さくら さくら」 全員合唱

16:44

「閉会宣言」

   *当イベントは、阪神・淡路大震災10周年記念事業(受付番号 企国第1117号)です。

 

  震災と子どもフォーラム

3月29日(火)   

6:45 

朝食
  神戸市 しあわせの村

 

移動
7:50 集合

8:00 

移動
 

9:00  

震災復興・国際感謝の集い

 

ワークショップ:

被災児童・招待者

「震災と子どもフォーラム」

主催:兵庫県国際交流協会

兵庫県国際交流協会・
ひょうご国際プラザ

 

 

12:00 

昼食

13:30  

(集いつづく)

15:00

集い終了

15:30

ホームステイ・マッチアップ

 

■  参加者予定

    ・ 3月2528日 全日程参加

参加国・地域(子どもの参加人数+大人の参加人数)

アメリカ(4+3)、アルゼンチン(2+1)、アルメニア(2+1)、イラン(6+3)、インドネシア(2+1)、エジプト(2+1)、スロバキア(2+1)、セネガル(2+1)、台湾(4+2)、ネパール(2+1)、ロシア(2+2)、  

以上 海外11カ国・地域から 子ども 30名、教師 17名

日本から 子ども 30名、教師 23名

3月28日 宣言発表会 
  500 

■  お問い合わせ   NDYS事務局まで

 

 

  

     ページの先頭へ

All contents copyright © NDYS office all rights reserved.