防災世界子ども会議

コミュニケーションが命を救う!
〜私たち一人ひとりにできること〜

  2005      →     2006     →    2007   →   2008      →    2009    → 2010         2011    →  2012    →   2013         2014    →   

           2015      →     2016     →   2017     →  2018

NDYSとは

学校

実践報告

宣言

会議 テレビ会議・Web会議 ICTが支える学びの環境 参加する 推進体制

       コミュニケーションが命を救う!〜私たちにできること〜      

 
 
「防災世界子ども会議2014」は、
5月、JICA関西(神戸)で開催の平成26年度JEARN活動報告会のセッションで、
神戸市立葺合高等学校は、日英語による@地震、A異常気象、B防災教育のプレゼンをしました。生徒さんの快テンポの英語力で、グローバル世界の防災教育という新たな試みが展開され、充実した時間をもつことができました。アイアーン台湾、トルコの学校ほかとテレビ会議をもち、会場のみなさんと共に「防災世界子ども会議2014」の成果を共有しました。
7月、アルゼンチン・プエルト・マドリンで開催のアイアーン国際会議&ユースサミットで
神戸市立葺合高等学校の上記生徒3点のプレゼンを発表音声付き英語によるパワーポインとして仕上げ、「防災世界子ども会議2014」のメッセージとして発表しました。ICT技術を駆使したプレゼンの仕上がりで、会議に参加されているみなさんに、神戸の高校生の生の声での発表を見ていただくことができました。日本との通信環境の整わない会場でしたが、日本からは自宅に居ながら、スカイプで参加するという体験をしました。

 

 

 
テーマ 気候変動と防災

 

 

国内向けの募集要項について

 こちらよりダウンロードしてご覧ください。

 

 

参加対象  小学校から高校まで、全ての学年

 

プロジェクトの期  2013年9月〜2014年7月 

 

使用言語  英語・日本語(各国・地域の母語)

 

● 学習形態  ICTを活用したグローバルなプロジェクト学習

 

世界の学校がインターネットの力をかりて、協働で防災学習に取り組みます。交流しながら学ぶ
防災教育の実践で、国際連帯、国際協力の重要性についても気づくきっかけをつくります。

 

世界の子どもたちが協働する防災学習プロジェクトとは

 

 

実践プログラム

 

防災世界子ども会議の実践プログラムへ

 

 

 

 

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト