防災世界子ども会議

コミュニケーションが命を救う!
〜私たち一人ひとりにできること〜

  2005      →     2006     →    2007   →   2008      →    2009    → 2010         2011    →  2012    →   2013         2014    →   

        2015      →     2016     →   2017     →  2018

NDYSとは

学校

実践報告

宣言

会議 テレビ会議・Web会議 ICTが支える学びの環境 参加する 推進体制
  
  
Photos: 防災世界子ども会議2017 in モロッコ 

              コミュニケーションが命を救う!〜私たちにできること〜       

 

 

阪神・淡路大震災から22年

 

2017iEARN国際会議&ユースサミットがモロッコ・マラケッシュで開催され、NDYSはユースサミットのプログラムとして、7月21日(金)午前、「防災世界子ども会議2017 in モロッコ」を開催しました。

世界15カ国・地域から約60名のユースが参加し、開催地モロッコをはじめとして、アルジェリア、ウガンダ、ガンビア、カメルーンなどアフリカの国・地域からの参加が6割を超えていました。神秘的で美しい都市、マラケシュでの開催で、ユースの多様な交流や国際協働が実現しました。

まずは、NDYSスクールを代表して、神戸市立葺合高等学校SGHチームの課題研究の成果発表"Natural Disaster Preparedness"「防災」の音声付きプレゼンテーションを用意して、会場で流しました。

葺合高校の発表の後で、NDYSのミッションや国際協働学習プログラムである災害安全マップづくりについての説明がスムーズに進みました。その後、3チームに分れて「災害時に命を守る対策」についてディスカッションし、それぞれが防災対策を母語で模造紙に書きだしました。また、心のケアとしての大正琴を用いた音楽交流に分れて、ワークショップも行いました。

7月21日(金)午後、アイアーンの閉会式で、災害安全マップとディスカッションの内容を紹介し、最後に、石川県立金沢泉丘高等学校2年の清水拓人さんがユースを代表して、NDYS2017宣言文を英語で発表しました。

「NDYS2017宣言文」はこちらから

 

公式WEBページ URL: https://ndys.jearn.jp/2017/


NDYS2017
テーマ
気候変動と私たちの住むまちの「防災・減災・復興」
 

 

海外向けプロジェクト募集リーフレット

 

     このボタンをクリックしてご覧ください。

 

国内向けの募集要項について

 こちらよりダウンロードしてご覧ください。

 

 


Connect with educators and youth across iEARN's 140-plus country network!

 

参加対象  世界の小学校、中学校、高等学校
プロジェクトの期  2016年9月〜20178
使用言語  英語・日本語(各国・地域の母語)
● 学習形態  

   ICTとネットワークが支える「協働学習」   

   NDYSの国際協働学習

実践プログラム

    SDGs実現のための 国際協働学習プログラム



● 成果発表会(総仕上げ)

2017年7月16日ー22日に、モロッコ・マラケシュで開催の年次アイアーンユースサミットで、
防災世界子ども会議2017 in モロッコ」を開催しました。

 

 
プロジェクトの修了書授与について
プロジェクト終了後防災世界子ども会議修了書を授与いたします。

 

ページの上部へ戻る

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト