防災世界子ども会議

コミュニケーションが命を救う!
〜私たち一人ひとりにできること〜

  2005      →     2006     →    2007   →   2008      →    2009    → 2010         2011    →  2012    →   2013         2014    →   

          2015      →    2016     →   2017     →  2018

NDYSとは

学校

実践報告

宣言

会議 テレビ会議・Web会議 ICTが支える学びの環境 参加する 推進体制

 

 NDYS

  TOP

   ミッション
   NDYSの必要性
  ビデオ
   国際協働学習
   NDYS 『 私たちにできること』
   ロゴの紹介
   資料ダウンロード

 NDYSの紹介リーフレット

   連絡先
 

 

 
ミッション
子どもたちの絆が世界を変える!


1988年、アイアーン(iEARN International Education and Resource Networkは、1980年代の米ソ冷戦時代、「このままでは核戦争が起こるかもしれない。それを防ぐには大人の力では無理、子どもたちにかけよう」という思いから「子どもたちをつないで、世界中が仲良くなり、戦争のない社会を作ること」を目的として、米ソの高校生による交流から始まった教育NGOです。

 

NDYS2005 in ひょうご」のポスター絵
英国人画家グラハム・クラーク氏による

 

2005年、防災世界子ども会議(NDYS Natural Disaster Youth Summit)は、1995年に発生した阪神・淡路大震災から10年を機にアイアーンプロジェクトとして始まりました。

ひょうごの子どもたちが核となり、大震災の教訓を世界の子どもたちに伝えよう、命の大切さを考えようという思いで「防災世界子ども会議2005 in ひょうごを目指して、世界15カ国・地域、国内外54の学校、1,000人にも及ぶ子どもたちの交流学習から始まったのです。  

そのミッションは、防災協働学習を通して、地球規模での防災意識を共有しながら、それぞれの国・地域にあった持続可能な社会づくり(防災文化の醸成)を目指して、地域社会で行動する人材を育成することです。

また、世界と交わる防災教育の実践で、より広く世界を感じとり、自らの課題やミッションを発見しながら地球規模の課題解決を担うなど、たくましく、よりよく活動できる資質や能力をあわせもつグローバル人材育成を目標としています。

 

                                より詳しいメッセージへ

 

ページの上部へ戻る

 

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト