防災世界子ども会議

コミュニケーションが命を救う!
〜私たち一人ひとりにできること〜

  2005      →     2006     →    2007   →   2008      →    2009    → 2010         2011    →  2012    →   2013         2014    →   

         2015      →     2016     →   2017     →  2018

NDYSとは

学校

実践報告

宣言

会議 テレビ会議・Web会議 ICTが支える学びの環境 参加する 推進体制

 宣言文

 TOP

 NDYS2017

 NDYS2016

 NDYS2015

 NDYS2011

 NDYS2010

 NDYS2009

 NDYS2008 

   NDYS2007  
 NDYS2006 
   NDYS2005
   お問い合わせ
 

NDYS2006 宣言文

               

2006年1月7日      

 

ティンネージャーとして、私たちの自然を守ることに関われて嬉しく思います。

国際社会と地域社会がつながることによって、また、この「防災世界子ども会議」に参加することによって、私たちは、グローバルなビジョンを生み出し、自然災害による被害を減少できればと願います。 みんなが手を取り合って、自然災害の発生を予防し、傷つくことを少しでも減らせることを期待しています。 

私たち、21世紀の若者は、みんなが同じ(地球という)ボートに乗っていること、その結果、私たちの各地での経験の分かち合いが、今後の地球全体の平和を確かなものにするであろうと堅く信じています。

ここに、防災世界子ども会議2006のスローガンを述べます。

 

 

私たちの環境を大切に

何が出来るのかを考え

身近なものを大切に 

 

 

 

As teenagers, we are glad to devote ourselves to protecting our Mother Nature. 
By connecting the international and local communities, and joining
this conference, we hope to generate a global vision and reduce the damage of natural disasters. We expect that everyone can work hand in hand to prevent natural disasters from happening and help the decrease of injuries. We, the 21st-Century Youths, strongly believe that we are actually on the same boat; as a result, sharing our local experiences will ensure the future peace for the whole earth.

Therefore, here are the 2006 NDYS slogans,

 

 

 



 



 


「防災世界子ども会議2006 in台湾」より

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト