コミュニケーションが命を救う!
- 私たち一人ひとりにできること -

イノベーティブラーニング
多言語 AI Translation
サイトマップ

  2005      →     2006     →    2007   →   2008      →    2009    → 2010         2011    →  2012    →   2013         2014    →   

         2015      →     2016     →   2017     →  2018     →   2019  →   2020

NDYSとは

学校

実践報告

宣言

会議 オンライン会議 ICTが支える学びの環境 参加する 推進体制

 宣言文

 TOP

 NDYS2018

 NDYS2017

 NDYS2016

 NDYS2015

 NDYS2011

 NDYS2010 

 NDYS2009

 NDYS2008 

   NDYS2007  
 NDYS2006 
   NDYS2005
   お問い合わせ
NDYS2015 宣言文

2015.01.17     

                      とよた宣言文 

未来は私たちの活動で決まる  

20年前の今日、阪神・淡路大震災が発生し、多くの尊い命が失われました。

この震災から10年後、「防災世界子ども会議」が被災地兵庫県で開催され、世界中の国々の子どもたちが防災について議論をし、「何ができるかを考え、議論し共有し続けていくことが大切である」と宣言しました。

そして、その10年後、今日、私たちが愛知県豊田市に集まり、同様に議論を続けました。

20年前、私たちは生まれていませんでした。 しかし、先輩たちは、この会議に参加し、世界中の仲間と出会い、言葉や文化の壁を越えて互いに向き合い、防災について考える機会を作ってくれました。 そして、過去に始まった活動は現在私たちに受け継がれました。

これからは、私たちが私たち自身の未来のために、ともに手をとり、この活動を継続していかなければなりません。

私たちは、今日ここに集まり、「防災世界子ども会議2015 in とよた」として次のとおり宣言します。

 

 

 

 

 

 

NDYS2015 Declaration 2:46

 

 

2015年1月17日AM 豊田市能楽堂で「とよた宣言文」を採択・発信! 

1月17日PM 国連・豊田市主催の「環境先端都市国際会議」と「防災世界子ども会議」の成果を
環境と防災についての理解を深めていただく市民向けの「環境先端都市・防災フォーラム」で
「とよた宣言文」を発表!

 

   環境先端都市・防災フォーラムで、豊田市民の皆さまへ 「とよた宣言文」を読み上げました。 
1.17 PM JAあいち豊田

 

↓各国の言葉を交えて 「とよた宣言文」を読み上げました。1.17 AM 豊田市能楽堂

 

 

 

 

「防災世界子ども会議2015 in とよた」  URL: https://ndys.jearn.jp/2015/ja/index.html

 

 

 

 

ページの上部へ戻る

 

Copyright ©  防災世界子ども会議の公式ウェブサイト